読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶろぐ

ぬいぐるみサンショウウオ「さぶ」たちの、旅と日常の記録です。

清流の王様登場!

屋内でアイアイを見て外に出て、時計を見ると18:30。夜行性のオオサンショウウオたちが、そろそろ活動を始めたかな?と期待しながら、両生爬虫類館に向かいます。

 

古くて人もまばらな寂しい感じ?と勝手に想像していた、両生爬虫類館。だって上野動物園には、パンダとかオカピとかハシビロコウとか、レアで派手な動物がいっぱいいるんだもの。その中で、両生爬虫類がどれほどの地位を得ているか…。私は卑屈になっておりました。両生爬虫類の実力を、過小評価していました。

f:id:subrothers:20160826123819j:image

f:id:subrothers:20160826123850j:image

 たどり着いた両生爬虫類館は、おしゃれな色使いのスタイリッシュ建物!

入ってすぐに目に入る、真正面の丸い水槽に、オオサンショウウオはいました…!!

f:id:subrothers:20160827092244j:imagef:id:subrothers:20160827092325j:image

黒い!とっても黒い。かっこいい…!!!

小さな小さな目が、黒い模様の中にぽちっとあるのが見えますか?

この目はほとんど見えていないそうですが、なんともかわいい。

ところでオオサンショウウオのこの斑、模様ですが、かなりの個体差があります。褐色ベースに黒い斑紋がのっているように見えるのですが、実はふ化してから半年くらいの間、赤ちゃんオオサンショウウオの体はどんどん黒くなっていき、一時は真っ黒の状態になるのだそうな。その後大きくなるにつれて、だんだん褐色に変わっていき、一部が黒いまま斑紋として残り…その結果が、この美しい個性的な完成形、というわけらしい。

いったん大人になったらもう完成されて、それ以上は変わらないのかな?どなたか知ってる方がいたら教えてくださいませ〜!

f:id:subrothers:20160827092355j:imagef:id:subrothers:20160827092412j:image

ちなみにさぶの斑紋はというと、いったん変態してぬいぐるみになると、それ以上は変わらないさぶ。もしかして黒い部分が増えてたら、それは汚れさぶ。

 

そして本日のメイン写真!!!!!!!!!!!

f:id:subrothers:20160827092450j:image

あまりのかっこよさにガラスに張り付いて見入っていたら、この美青年はおもむろに動き出し、ゆっくりと大きな口をぱかーーーーーーっと開けて…口の中もなんてきれいなんだ!!おいら感動!!!悶絶!!!!子供たちが口々に「デカ!」「でけぇ…」と漏らしていた。うん、でかいよね。まさに川の王様。とてつもなく優雅で立派。

その後、腰が抜けそうになっているおいらを残して、彼はぐるりと向きを変え、水槽の奥へと去っていきました。

#この子が男子なのか女子なのかはわからないのですが、なんかもし女子だとしてもあまりにも漢前で…

ほわわわ〜…ゆめごこち。この夜はずっとふわふわしてた。

f:id:subrothers:20160827092518j:imagef:id:subrothers:20160827092539j:image

タイミングよく、特別展示がフィーチャリングオオサンショウウオ♡♡

骨だけ見てもかわいい!骨格レベルの美形!!

f:id:subrothers:20160827092602j:imagef:id:subrothers:20160827092625j:image

 ぜんぶで4匹のオオサンショウウオがいたさぶ。みんな、大きくて立派さぶよ〜〜♡

 

両生爬虫類館を出ると、すっかり夜。

f:id:subrothers:20160827092652j:image

 お腹ぺこぺこでレストランを探し、なんとかたどり着いたのが19:05。レストランの営業時間は19:00までだったようで…CLOSED、の看板に悲壮な顔をしていたら、女神のようなスタッフさまが入れてくれたさぶ…!!

カルボナーラとビーフカレー、涙が出るほどおいしかったさぶ。

f:id:subrothers:20160827092712j:imagef:id:subrothers:20160827092727j:image

 両生爬虫類館の外側にあった、壁画。歴史がありそうな、名画さぶ。。

幸せな気持ちで満たされて、池端門を出たのでした…♡